思いを伝える香典返しの品物選び

香典返しは、お世話になった方やお葬式に参列していただいた方への感謝とお礼の気持ちを伝える大切な贈り物です。四十九日法要を終えて、故人が無事に旅立ちましたというご報告と生前のご厚情に対する感謝を表すものですから、品選びも故人に代わっての感謝を伝えたいと考えて悩むこともあると思います。一般的には頂いた半額相当の物をお返しするのがマナーと言われていますが、遺族の負担を考慮しそれ以下の金額でもいいとされる地域もあります。自分のお住まいの地域がどのマナーが一般的かというのは、地元に長く住む年長の親族がいる場合はその方や、葬儀会社の担当者などに相談するのも良いでしょう。では肝心の品はどのようなものが良いでしょうか。今多いのが、カタログギフトです。相手に選んで頂くカタログは、相手の好みを選ばず贈れるので人気の香典返しになっています。しかし、カタログギフトでは選べる品物のランクでいくら相当かと分かる場合もあります。地域によってはマナー違反になる事もあるので選ぶのに注意が必要です。品物を贈る場合、相手の負担にならないように出来るだけ形の残らないものが良いと言われています。具体的にあげると、のりや砂糖やお茶といったものです。また消耗品でたくさんあっても困らないハンドタオルなども一般的です。香典返しは故人の感謝の思いを伝える大切な物ですが、主張し過ぎず贈られる相手を思いやる品物選びに徹することが無難です。